ニュース

  • ニュース一覧
  • 第66回全国高校軟式野球選手権大会 中京(岐阜県)仙台育英にサヨナラ勝ちで初戦突破

第66回全国高校軟式野球選手権大会 中京(岐阜県)仙台育英にサヨナラ勝ちで初戦突破

 第66回全国高校軟式野球選手権大会2日目の26日、大会史上初の4連覇を狙う東海地区代表の中京(岐阜県)は仙台育英に2対1でサヨナラ勝ちし、初戦を突破しました。

 4大会連続24回目出場の中京は26日の兵庫・明石トーカロ球場の第1試合で15年ぶり9度目出場の仙台育英と対戦しました。

 中京は初回にヒット、盗塁、送りバントで1アウト3塁からキャプテン内野光一の「叩き」で内野ゴロの間に3塁ランナーが帰り、1点を先制しました。

 6回に同点に追いつかれましたが、9回裏、内野安打、送りバント、フォアボールで1アウト1・2塁とし、7番加藤がレフトにタイムリーヒットを放ち、2対1のサヨナラ勝ちで初戦を突破しました。

 エース内野慎太郎は6回2安打1失点、7回からは谷本がノーヒットに抑えました。

 2回戦(準々決勝)は27日午後0時半から明石トーカロ球場で行われ、比叡山と対戦します。

関連記事