ニュース

  • ニュース一覧
  • JR東海、ハイブリッド方式の新型特急車両「HC85系」公開

JR東海、ハイブリッド方式の新型特急車両「HC85系」公開

JR東海は24日、2022年度から高山線や紀勢線での営業運転に向けて走行試験を行...

 JR東海は24日、2022年度から高山線や紀勢線での営業運転に向けて走行試験を行っている新型の特急列車「HC85系」の試乗会を行いました。

 公開された新型車両「HC85系」は、エンジンで発電される電気と蓄電池を組み合わせて走行することのできる「ハイブリッド方式」の特急列車です。

 従来の車両より、燃費が35%改善され、環境性能が向上しています。

※アナウンス
 「現在120㌔相当で走っています」

 さらに、最高速度120㌔の高速性能も実現しました。

 駅に停車している間は、アイドリングをストップ。

 まさに「ハイブリッド車」そのものです。

※報告
 「こちらが新型の車両です。先ほど走り出しましたが、従来型の車両のようなエンジンのうなる音や振動がほとんどなく、とても静かな乗り心地です」

 JR東海によりますと、「HC85系」は、高山線や紀勢線での2022年度の営業運転開始に向けて走行試験を行っていて、現在「ワイドビューひだ」などで使用されている「キハ85系」と、順次置き換えられる予定です。

関連記事