ニュース

  • ニュース一覧
  • 土砂災害発生防ぐ「砂防えん堤」 理解深める夏休み親子教室 岐阜県揖斐川町

土砂災害発生防ぐ「砂防えん堤」 理解深める夏休み親子教室 岐阜県揖斐川町

大雨が降ったときなどに、土砂災害の発生を防ぐ「砂防えん堤」を学ぶ特別教室が岐阜県...

 大雨が降ったときなどに、土砂災害の発生を防ぐ「砂防えん堤」を学ぶ特別教室が岐阜県揖斐郡揖斐川町で開かれ、地元の親子連れが町内の建設現場を見学して、理解を深めました。

 夏休みに合わせて開かれた特別教室は、中部地方整備局越美山系砂防事務所が開催したものです。

 参加した揖斐川町の児童らは、山の中の渓流などに作られる砂防えん堤が大雨の時には土石流を食い止めて、下流域を土砂災害から守る仕組みを学び、実際の工事現場では建設機械に試乗したり、測量機械やドローンの操作を体験したりしました。

※参加した児童
 「ドローンを飛ばすところが楽しかった」

※中部地方整備局 越美山系砂防事務所 神野 祐一副所長
 「砂防えん堤の役割を小さな子にも知ってもらえる貴重な機会だった」

 揖斐川の支流に建設中の「百々之木谷第1砂防えん堤」は、幅59㍍、高さ21㍍で、中央部には水の流れや魚などの生物に影響の少ない、金属の格子が使われる予定です。

関連記事