ニュース

  • ニュース一覧
  • 「足並みそろえて感染防止対策」東海3県知事と2市長が意見交換

「足並みそろえて感染防止対策」東海3県知事と2市長が意見交換

岐阜・愛知・三重の3県知事と名古屋・浜松の2市長は23日、オンラインで会議を開き...

 岐阜・愛知・三重の3県知事と名古屋・浜松の2市長は23日、オンラインで会議を開き、新型コロナ対策での連携を確認しました。

 会議では3県2市の感染状況や対策などについて意見を交わし、東海3県は1つの広域なエリアだとして、足並みをそろえて感染防止対策を進めることを再確認しました。

※古田肇知事
 「現在の(国の)措置が9月12日までありますので、遅れれば遅れるほど実施期間が短くなる。できるだけ早急に(緊急事態宣言を)決定していただきたいということについて我々一致して強力に主張していきたい」

 古田知事は県の対策について、9月上旬に病床と宿泊療養施設合わせて2000床に拡大することなどを盛り込んだ「生命の防衛」宣言を打ち出し、感染防止対策を徹底していると説明しました。

関連記事