ニュース

  • ニュース一覧
  • 【19日・市町別詳報】岐阜県で322人感染 病床使用率「ステージ4」に

【19日・市町別詳報】岐阜県で322人感染 病床使用率「ステージ4」に

岐阜県内では19日、新型コロナウイルスの感染者が新たに322人確認されました。 ...

 岐阜県内では19日、新型コロナウイルスの感染者が新たに322人確認されました。

 300人を超えるのは3日連続です。

 また病床使用率は50%を超え、国の基準で最も深刻なステージ4の水準を上回りました。

 新たな感染者のうち30代以下が74%を占め、引き続き若い世代での感染が拡大しています。

 18日時点での県内の病床使用率は53・6%となり、6月8日以来、国の基準で最も深刻なステージ4の水準に達しました。

 新たなクラスター(感染者集団)は7件認定され、このうち愛知県から郡上市に帰省していた人と帰省先の家族や友人、合わせて9人の感染が判明しました。

 一方で新規感染者の半数を超える約180人について、現時点で感染経路が分かっていません。

 県は20日、対策本部を開き、さらなる対策の強化を図る方針です。

 感染者322人の内訳は岐阜市が78人、大垣市が33人、各務原市が29人、多治見市が22人、美濃加茂市が18人、可児市が14人、関市が13人、羽島市が11人、中津川市・瑞浪市・恵那市・土岐市・瑞穂市・郡上市が8人ずつ、高山市が7人、海津市・笠松町・垂井町・安八町が5人ずつ、神戸町・坂祝町が4人ずつ、岐南町・池田町が3人ずつ、大野町・川辺町が2人ずつ、山県市・本巣市・北方町・輪之内町・富加町・白川町・御嵩町・愛知県・東京都・福岡県・調査中が1人ずつです。

 隣県の新規感染者数は愛知県が1221人、三重県が311人です。

関連記事