ニュース

  • ニュース一覧
  • 記録的大雨続く岐阜県内、20日にかけて激しい雨のおそれ 土砂災害に注意・警戒

記録的大雨続く岐阜県内、20日にかけて激しい雨のおそれ 土砂災害に注意・警戒

記録的な大雨が続く岐阜県内では、20日にかけて断続的に激しい雨が降るおそれがあり...

 記録的な大雨が続く岐阜県内では、20日にかけて断続的に激しい雨が降るおそれがあります。

 これまでの大雨で地盤が緩んでいるところがあり、気象台は土砂災害などへの注意・警戒を呼び掛けています。

 低気圧や上空の寒気の影響で、県内は大気の状態が非常に不安定となっていて、19日も広い範囲で雨が断続的に降りました。

 12日の降り始めから19日午後5時までに降った雨の量は、下呂市萩原で671・5㍉、関市板取で646㍉などと、平年の8月1か月分の雨量の約2倍になっているところもあります。

 20日にかけても断続的に激しい雨が降る見込みで、20日午後6時までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで美濃地方、飛騨地方ともに60㍉、その後の24時間では美濃地方、飛騨地方ともに、50㍉から100㍉と予想されています。

 これまでの雨で県内の広い範囲で地盤が緩み、気象台は少しの雨でも土砂災害や洪水の危険度が急に高まるおそれがあるとして、土砂災害に警戒するとともに、低い土地の浸水、河川の増水にも十分注意するよう呼びかけています。

関連記事