ニュース

岐阜県内の高校、夏休み明け原則オンライン授業

岐阜県にまん延防止等重点措置が適用されることを受け、岐阜県教育委員会は19日、高...

 岐阜県にまん延防止等重点措置が適用されることを受け、岐阜県教育委員会は19日、高校の夏休み明けは原則オンライン授業とし、対面授業を行わない方針を示しました。

 これは教育関係者らでつくる県の有識者会議で、県教委が明らかにしたものです。

 重点措置の適用を踏まえた新たな対応方針では、夏休み終了後の対応について、広い範囲から生徒が通学する高校では、感染拡大防止のため原則オンライン授業とし、一斉に登校する機会を避けるよう学校に求めます。

 一方、小中学校については、地域の感染状況に応じて対応することとしています。

 また文化祭や運動会などの学校行事は、重点措置期間中の9月12日までの行事は延期または中止とし、部活動についても、期間中は原則、活動休止としました。

 古田肇知事は「感染者の中心が若者であり、教育の世界でどう対応していくのかが重要になる。(措置期間の)延長を視野に入れながらしっかりした対策を行う」と述べました。

※画像は資料です

関連記事