ニュース

  • ニュース一覧
  • 岐阜県内、19日明け方にかけて断続的に激しい雨のおそれ

岐阜県内、19日明け方にかけて断続的に激しい雨のおそれ

記録的大雨となっている岐阜県内は、19日明け方にかけても断続的に激しい雨が降り、...

 記録的大雨となっている岐阜県内は、19日明け方にかけても断続的に激しい雨が降り、大雨となるところがある見込みです。土砂災害への警戒が必要です。

 県内は大気の状態が非常に不安定な状態が続いています。

 下呂市などでは未明を中心に強い雨が降り、市内の小坂町全域には一時、避難指示が出されました。

 激しい雨は19日にかけても断続的に降る見込みで、19日午後6時までの24時間に降る雨の量は、多いところで美濃地方で150㍉、飛騨地方で120㍉と予想されています。

 12日の降り始めからの雨が平年の8月1か月の降水量の2倍を超えている所もあり、地盤の緩みに警戒が必要です。

 気象台は土砂災害に警戒し、低い土地の浸水や河川の増水に注意・警戒するよう呼び掛けています。

 竜巻などの激しい突風や落雷にも注意してください。

関連記事