ニュース

  • ニュース一覧
  • 岐阜県「まん延防止」適用へ 17日から時短営業 飲食店「打撃は大きい」

岐阜県「まん延防止」適用へ 17日から時短営業 飲食店「打撃は大きい」

岐阜県にまん延防止等重点措置が再び適用がされることを街の人は「仕方ない」とする一...

 岐阜県にまん延防止等重点措置が再び適用がされることを街の人は「仕方ない」とする一方、17日から時短営業の要請に応じた飲食店関係者は「打撃は大きい」と肩を落としています。

※街の人
 「(旅行に)行けないからね。寂しいよね。でも、仕方がない」

※街の人
 「早めに出していただいた方がありがたい。そうでないと気を付けないから。みんなが気を付けないとね」

 岐阜県は、17日から岐阜地域を中心とした15市町の飲食店に、営業は午後8時まで、酒類の提供は午後7時までとするよう求めています。

 17日から時短に応じた岐阜市の天ぷら専門店。

 東京オリンピック開催中はテレビ観戦のためか、常連を含め来店客が減ったため、持ち直しに期待していたところへの要請でした。

※柳ヶ瀬天ぷらクラブ 田中信志副店長
 「協力はしますけど非常に営業としては痛い。人の流れを食い止めるとかということも分かるが、とにかく切に、早く、コロナが収束することを望む」

関連記事