ニュース

  • ニュース一覧
  • 岐阜県内、18日にかけて断続的に激しい雨のおそれ

岐阜県内、18日にかけて断続的に激しい雨のおそれ

岐阜県内では17日夜から18日にかけて断続的に激しい雨が降り、大雨になるおそれが...

 岐阜県内では17日夜から18日にかけて断続的に激しい雨が降り、大雨になるおそれがあります。

 これまでの記録的大雨で地盤が緩んでいる所や川が増水している所があるため、気象台は土砂災害などに警戒するよう呼び掛けています。

 下呂市萩原町の国道41号線の護岸流出現場です。

 復旧工事が始まりましたが、直下の飛騨川は濁流が流れています。

 気象台によりますと18日にかけて断続的に激しい雨が降る見込みで、18日午後6時までの24時間に降る雨の量は美濃地方、飛騨地方ともに多いところで200㍉。

 その後24時間に降る雨の量は、50㍉から100㍉と予想されています。

 県内ではこれまでに下呂市や中津川市などで500㍉を超える雨が降り、すでに広い範囲で地盤が緩んでいます。

 今後の雨の降り方によって土砂災害や洪水の危険度が急激に高まるおそれがあり、気象台は土砂災害に警戒するよう呼び掛けています。

関連記事