ニュース

  • ニュース一覧
  • 東京パラ五輪聖火の採火 岐阜市は「鵜飼のかがり火」

東京パラ五輪聖火の採火 岐阜市は「鵜飼のかがり火」

8月24日に開幕する東京パラリンピックに全国から聖火が集められる中、岐阜市では鵜...

 8月24日に開幕する東京パラリンピックに全国から聖火が集められる中、岐阜市では鵜飼のかがり火から採火されました。

 式典では(2012年)ロンドンパラリンピックゴールボールの金メダリスト中嶋茜さんが、柴橋正直市長に大会に参加する意義を語り、3年後のパリ大会参加を目指すアーチェリーの宗宮達任加さんを激励しました。

 その後、鵜飼のかがり火から移した火がともるランタンが持ち込まれ、市内の特別支援学校の生徒が受け渡しながら、選手にエールを送りました。

 県内26の市と町でともされた火は13日夜集められ、「岐阜県の火」として東京へ送られます。

関連記事