ニュース

  • ニュース一覧
  • 県岐阜商、高知の明徳義塾にサヨナラで初戦敗退 夏の甲子園

県岐阜商、高知の明徳義塾にサヨナラで初戦敗退 夏の甲子園

夏の甲子園、全国高校野球選手権大会3日目の15日、岐阜の県立岐阜商業は高知の明徳...

 夏の甲子園、全国高校野球選手権大会3日目の15日、岐阜の県立岐阜商業は高知の明徳義塾に2―3でサヨナラ負けを喫し、初戦突破はなりませんでした。

 先攻の県岐阜商は2回、5番中西、7番内藤のヒットなどで1アウト満塁の先制のチャンスをつかみましたが、スクイズ失敗などでチャンスをものにできませんでした。

 試合が動いたのは6回、エース野崎の好投に応えたい県岐阜商は、ノーアウト1塁で3番松野がセンターにタイムリー3ベースヒットを放ち、先制点をもぎ取りました。

 しかしその裏、エース野崎がつかまり、明徳義塾、4番加藤のタイムリー3ベースで同点とされ、さらに犠牲フライで1対2と逆転を許しました。

 7回は三者凡退に倒れた県岐阜商でしたが、8回1アウト2塁で、先制タイムリーの3番松野がライト前にこの試合2打点目となるタイムリーを放って同点に追いつきました。

 2対2の同点で迎えた9回、2番手小西が2アウト2塁で明徳義塾3番森松にセンター越えのサヨナラヒットを浴び県岐阜商は2対3で敗れ、惜しくも初戦突破はなりませんでした。

 県岐阜商は春のセンバツの市和歌山に続き、サヨナラ負けでの初戦敗退となりました。

関連記事