ニュース

  • ニュース一覧
  • 【8月14日7時現在】岐阜県内記録的大雨、15日まで警戒

【8月14日7時現在】岐阜県内記録的大雨、15日まで警戒

岐阜県では降り始めからの総降水量が8月の月降水量の平年値を超えている所があり、記...

 岐阜県では降り始めからの総降水量が8月の月降水量の平年値を超えている所があり、記録的な大雨となっています。

 15日にかけて非常に激しい雨が降ると、気象台は土砂災害などへの警戒を呼びかけています。 

 前線が、西日本から東日本に停滞しています。

 前線に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込むため、大気の状態が非常に不安定となり、前線の活動が活発な状態が続く見込みです。

 12日の降り始めから14日午前7時までに降った雨の量は、本巣市樽見で318㍉、関市板取で300㍉、郡上市ひるがの255㍉などとなっています。

 この大雨の影響で土砂災害の危険度が高まっているとして、土砂災害警戒情報が多治見市、中津川市、瑞浪市、恵那市、土岐市に出ています。

 これは5段階の警戒レベルのうち、レベル4の避難が必要となる危険な状況です。

 崖の近くなど土砂災害の発生しやすい地域に住んでいる人は、早めの避難を心がけるとともに市町村からの避難指示などの情報に注意してください。

 岐阜県で今後1時間に降る雨の量は、多いところで50㍉と予想されています。

 また、15日午前6時までの24時間に降る雨の量は多いところで300㍉、さらに16日午前6時までの24時間に降る雨の量は多いところで50㍉から100㍉と予想されています。

 気象台は土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に警戒を呼び掛けています。

関連記事