ニュース

  • ニュース一覧
  • 岐阜県内、15日にかけて大雨続くおそれ 土砂災害や河川の増水に警戒を

岐阜県内、15日にかけて大雨続くおそれ 土砂災害や河川の増水に警戒を

前線の活動が活発になっている影響で、岐阜県は15日にかけて大雨になる見込みです。...

 前線の活動が活発になっている影響で、岐阜県は15日にかけて大雨になる見込みです。

 気象台は土砂災害に警戒し、河川の増水に注意・警戒するよう呼び掛けています。

 前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、県内では大気の状態が非常に不安定で、13日の日中は雷を伴った激しい雨が降るところがある見込みです。

 前線が停滞するため、活動の程度によっては警報級の大雨が続くおそれがあります。

 13日午後6時までの24時間に予想される雨の量は美濃地方、飛騨地方ともに多いところで200㍉。

 その後14日午後6時までの24時間に降る雨の量は、美濃地方、飛騨地方ともに多いところで200㍉から300㍉と予想されています。

 気象台はこれまでの雨で地盤の緩んでいる所があるとして、土砂災害に警戒し、低い土地の浸水、それに、河川の増水に注意・警戒するよう呼び掛けています。

関連記事