ニュース

  • ニュース一覧
  • 【11日・市町別詳報】岐阜県で123人感染 100人超えは5月20日以来

【11日・市町別詳報】岐阜県で123人感染 100人超えは5月20日以来

岐阜県と岐阜市は11日、新型コロナウイルスの感染が新たに123人確認されたと発表...

 岐阜県と岐阜市は11日、新型コロナウイルスの感染が新たに123人確認されたと発表しました。

 県内の新規感染者数が100人を上回るのは5月20日以来です。

 県内では新たなクラスター(感染者集団)が3件発生しました。

 このうち岐阜市の病院では、医療従事者2人と、60代から80代の入院患者7人の感染が判明しました。

 市によりますと、感染者の中にはワクチンを2回接種した人も含まれ、市は職員と入院患者約80人の検査を進めています。

 また可児市の20代の男女3人は、8月初めに友人同士で関西方面へ旅行に出掛けていて、その家族らを含む7人の感染が分かり、クラスターと認定されました。

 県内の感染者は合わせて1万182人となりました。

 感染者123人の内訳は、岐阜市が36人、各務原市が13人、大垣市が11人、可児市が9人、土岐市・羽島市・瑞穂市・愛知県が6人ずつ、多治見市・中津川市が4人ずつ、
本巣市・山県市が3人ずつ、関市・美濃加茂市・北方町・御嵩町が2人ずつ、美濃市・恵那市・瑞浪市・海津市・下呂市・池田町・八百津町・神奈川県が1人ずつです。

 隣県の新規感染者数は、愛知県が516人、三重県が111人です。

関連記事