ニュース

岐阜県知事「非常事態宣言も視野」

岐阜県と岐阜市は11日、新型コロナウイルスの感染が新たに123人確認されたと発表...

 岐阜県と岐阜市は11日、新型コロナウイルスの感染が新たに123人確認されたと発表しました。

 約2カ月半ぶりに新規感染者が100人を超えたことを受け、古田肇知事は独自の非常事態宣言の発令を検討する考えを明らかにしました。

 岐阜県の人口10万あたりの新規感染者数は現在22・8人で、12日も新規感染者が100人を上回れば、国の基準でステージ4の25人に達します。

 そのため古田知事は11日開いた臨時の記者会見で、県独自の非常事態宣言の発令を検討する考えを明らかにしました。

※古田肇知事
 「状況によっては非常事態宣言の発動も視野に入れ、必要な対策を議論していきたい」

 県は13日、専門家会議を開き、独自の宣言や、国に対してまん延防止等重点措置を要請する是非などを検討します。

 また飲食店に対する時短要請について古田知事は「時短をすることが直接的な効果につながるか、実態をみながら判断する」と述べました。

関連記事