ニュース

  • ニュース一覧
  • 116品の頂点決まる 岐阜県産の農産物使った「地産地消レシピコンテスト」

116品の頂点決まる 岐阜県産の農産物使った「地産地消レシピコンテスト」

岐阜県産の農産物を使った「地産地消レシピコンテスト」の審査会が、岐阜市で行われま...

 岐阜県産の農産物を使った「地産地消レシピコンテスト」の審査会が、岐阜市で行われました。

 コンテストは岐阜県JAグループとコープぎふが初めて企画したもので、116品の応募がありました。

 審査会では書類審査で選ばれた8品を実際に調理し、審査員5人がおいしさだけでなく独創性や見栄えも評価。

 最優秀賞には岐阜県各務原市の佐藤尚子さんが考えた「焼きナスペーストの冷しゃぶパスタ」が選ばれました。

※ほっぺの会代表 伊藤惠審査員長
 「焼きなすをどんなふうにパスタにというところだが、ペースト状にすることで1本1本のスパゲティにからまって、ちょっと食欲が落ちたかなというときに食べるとおいしく元気になるパスタに仕上がっている」

 ミールキット賞は可児市に住む汲田瞳さんの「豆腐の和風味噌グラタン風」で、商品化が検討されます。

 受賞したレシピはホームページなどで公開されます。

関連記事