ニュース

  • ニュース一覧
  • 広島原爆から76年 岐阜県北方町で「平和の鐘」 核廃絶と平和誓う

広島原爆から76年 岐阜県北方町で「平和の鐘」 核廃絶と平和誓う

広島に原爆が投下されてから6日で76年です。 非核平和都市宣言をしている岐阜県本...

 広島に原爆が投下されてから6日で76年です。

 非核平和都市宣言をしている岐阜県本巣郡北方町では平和の鐘を鳴らし、核廃絶と平和を誓いました。

 広島に原爆が投下された午前8時15分。

 北方町の清流平和公園では毎年、8月6日に平和の鐘が鳴らされています。

 2021年は新型コロナウイルス感染防止のため、参加者は町の職員約30人に制限しました。

 戸部哲哉町長が平和への思いを込めて鐘を鳴らし、全員で黙とうをして原爆の犠牲者に祈りをささげました。

※戸部哲哉町長
 「日本が原爆を投下された日で悲しい日なので、きょう一日は過去を偲んで平和を願って欲しいなと思います」

 全国の被爆者の平均年齢は83・94歳で被爆体験の継承が課題となるなか、参加した人たちは平和への思いを新たにしていました。

関連記事