ニュース

  • ニュース一覧
  • 笠松競馬、9月8日レース再開へ 河合岐阜県副知事「再発防止策を徹底的に実行」

笠松競馬、9月8日レース再開へ 河合岐阜県副知事「再発防止策を徹底的に実行」

馬券の不正購入問題などの不祥事でレースの自粛が続いている笠松競馬について、競馬を...

 馬券の不正購入問題などの不祥事でレースの自粛が続いている笠松競馬について、競馬を運営する岐阜県地方競馬組合は4日、9月8日にレースを再開することを明らかにしました。

 これは組合の管理者の河合孝憲副知事が明らかにしたものです。

 笠松競馬は騎手や調教師らによる馬券の不正購入や所得の申告漏れなどの不祥事で、ことし1月からレース開催を自粛していました。

 組合は関係者の処分や再発防止に向けた対策をまとめ、羽島郡笠松町と岐南町が4日付で総務省から公営競馬の指定を受けたことから、9月8日からの再開を決めました。

 なお、騎手らの控室の監視強化といった公正確保対策を踏まえた運営の準備や、馬の体調を確認するため、8月9日から実戦形式の開催演習を行います。

 新たに定めた倫理憲章では「同様の事件を起こした場合には、笠松競馬が廃止となるとの危機感を心に刻む」との強い言葉が記され、河合副知事は「再発防止策を徹底的に実行し、信頼を回復したい」と述べました。

関連記事