ニュース

  • ニュース一覧
  • 東京五輪スケートボード女子パーク、岐阜市の中3岡本碧優4位

東京五輪スケートボード女子パーク、岐阜市の中3岡本碧優4位

 東京オリンピックの新競技スケートボードは4日、女子パークの決勝が行われ、19歳の四十住さくらが金メダル、12歳の開心那が銀メダルを獲得しました。

 岐阜市在住の中学3年生で世界ランキング1位の岡本碧優(みすぐ)は予選トップで決勝に進みましたが4位に終わり、表彰台には届きませんでした。
 
 一方、カヌースプリントの女子カナディアンシングル200メートルでは、岐阜県関市在住でぎふ瑞穂スポーツガーデンの久保田愛夏が出場しましたが、準々決勝で敗退しました。

関連記事