ニュース

夏の甲子園、県岐阜商初戦の相手は明徳義塾

第103回全国高校野球選手権大会は3日、オンライン形式で組み合わせ抽選会が行われ...

 第103回全国高校野球選手権大会は3日、オンライン形式で組み合わせ抽選会が行われ、県立岐阜商業は、大会第3日、第2試合で高知県の明徳義塾高校と対戦が決まりました。

 組み合わせ抽選会は新型コロナ感染予防のため出場49校がリモートで参加し、予備抽選に続き午後4時から本抽選が行われ、1回戦から3回戦までの組み合わせが決まりました。

 抽選の結果、県立岐阜商業高校は大会第3日、第2試合(10時半~)で高知県の明徳義塾高校と対戦が決まりました。

 明徳義塾高校は、2大会連続21回目の甲子園出場です。

 高木翔斗キャプテンは「相手がどこであれ、自分たちの野球をやるだけです。投手陣が豊富で、経験値の高い選手が多いので、攻撃的な野球をやっていけば勝利につながると思います。日本一を目指し、目の前の一戦を大切に、皆で一丸となって戦います」と初戦突破に向け、意気込みを語りました。

※記事の内容を更新しました。

関連記事