ニュース

  • ニュース一覧
  • 岐阜長良川ロータリークラブ例会 室町期の美濃守護、土岐氏がテーマの講演

岐阜長良川ロータリークラブ例会 室町期の美濃守護、土岐氏がテーマの講演

室町時代に美濃の守護を務めた土岐氏についての講演が岐阜市で開かれ、出席者が聞き入...

 室町時代に美濃の守護を務めた土岐氏についての講演が岐阜市で開かれ、出席者が聞き入りました。

 岐阜長良川ロータリークラブの例会で講演したのは、美濃源氏フォーラム事務局の井澤康樹理事長です。

 井澤理事長は岐阜市の寺が所蔵する市指定文化財で、室町期に美濃国の守護を務めた土岐成頼の肖像画に、「岐阜」という文字があることを紹介しました。

 このことから「岐阜」の地名は織田信長が命名したという通説について、「岐阜という地名がついたのは室町時代、土岐源氏の時代だったのでは」との持論を披露しました。

 例会には約40人が参加し、興味深そうに聞き入っていました。

関連記事