ニュース

親子で図書館の裏側取材、新聞に 岐阜県図書館

夏休みの親子に図書館の魅力を知ってもらおうという取り組みです。 普段入ることがで...

 夏休みの親子に図書館の魅力を知ってもらおうという取り組みです。

 普段入ることができない書庫などを見学する催しが岐阜市の県図書館で開かれました。

 子どもたちが入っていくのは図書館の書庫です。

 職員の案内で、県図書館の舞台裏を巡っていきます。

 本の数や保管の仕方などを教えてもらい真剣にメモを取っていました。

 この催し「パパと過ごす図書館」は図書館の魅力を伝えようと毎年開かれていて、ことしは10組の親子が参加しました。

 「図書館探検・パパと取材」をテーマに、岐阜新聞社の神保絵利子記者が取材の仕方を手ほどきしました。

※参加した子ども
 「どのくらい深いかとか表す地図が面白かった」
 「本が傷まないように湿度や虫が本を食べないように工夫していることが勉強になった」

 子どもたちは取材をもとに、オリジナルの新聞を作りました。

 図書館の仕組みを楽しみながら学ぶ一日となりました。

※画像を一部加工しました。

関連記事