ニュース

  • ニュース一覧
  • 水難事故を想定 岐阜市の長良川で警察と消防が合同救助訓練

水難事故を想定 岐阜市の長良川で警察と消防が合同救助訓練

水難事故が多発する夏休みに入り岐阜北警察署は27日、岐阜北消防署と合同で水難救助...

 水難事故が多発する夏休みに入り岐阜北警察署は27日、岐阜北消防署と合同で水難救助訓練を行いました。

 27日長良川で行われた水難救助訓練は、人が溺れているという通報で、警察と消防が出動したとの想定で実施されました。

 ボートや陸上から捜索し、ドローンで要救助者の位置を確認。

 川に潜って救命ボートへ引き上げました。

 また、救助用のロープなどを約60メートル飛ばすことができる道具の使い方も確認しました。

※岐阜北警察署 吉安孝志地域課長
 「夏休みになってお子さんたちとバーベキューする家族も増えると思いますが、子どもだけでの遊泳は行わせない、飲酒をした状態での遊泳も禁止していただきたい」

 岐阜県内では2020年、41件の水難事故が発生していて、このうち長良川での事故は12件でした。

関連記事