ニュース

  • ニュース一覧
  • 岐阜市の「マーサ21」、屋外緑化広場「チェリーガーデン」を再整備

岐阜市の「マーサ21」、屋外緑化広場「チェリーガーデン」を再整備

岐阜市にある大型商業施設「マーサ21」で屋外緑化広場「チェリーガーデン」が復活し...

 岐阜市にある大型商業施設「マーサ21」で屋外緑化広場「チェリーガーデン」が復活し、お披露目されました。

 マーサ21を運営するカワボウは第4期のリニューアルを進めています。

 「チェリーガーデン」もその一環で、オープニングセレモニーでは川島政樹社長らがテープカットをしました。

 チェリーガーデンは2008年の増床工事で一度は無くなりましたが、地域の住民が集える空間をつくろうと再び整備しました。

 広場には滑り台や木製の汽車などの遊具が置かれ、家族連れで楽しめます。

※カワボウ 川島政樹社長
 「この屋外の公園でお子さんを安心して遊ばせることができる、そういう公園にしたいと思って、このチェリーガーデンを整備しました。これから館の中のリニューアルに入っていくんですけれども、中にもこういった、家族で安心して楽しく過ごせる、そういったエリアを作っていこうと思っていますのでどうぞご期待ください」

 カワボウは今回のリニューアルで食の専門店街の充実を図るほか、イベントスペースを広げる計画で、2022年秋のグランドオープンを目指しています。

関連記事