ニュース

  • ニュース一覧
  • 東京五輪ホッケー女子「さくらジャパン」黒星スタート 初戦中国に敗れる

東京五輪ホッケー女子「さくらジャパン」黒星スタート 初戦中国に敗れる

 東京オリンピックのホッケーは25日、1次リーグが行われ、岐阜県勢がチームの柱となっている女子日本は初戦で中国に3対4で敗れました。

 5大会連続の出場となった日本は、後半に永井友理と永井葉月のゴールで2回、追いつきましたが、第4クオーターに勝ち越しを許し、黒星スタートとなりました。

 2戦目となる男子日本は、世界ランキング4位のアルゼンチンと対戦。

 前半に2点を奪われ、終了直前に1点を返しましたがそのまま敗れ、1次リーグ2連敗となりました。

 一方、水球も男子の1次リーグが始まり、日本は初戦でアメリカと戦い、足立聖弥が3得点するなど食らいつきましたが、13対15で競り負けました。

 また、バドミントン女子ダブルス福島由紀・廣田彩花のフクヒロペアは、1次リーグ2戦目でマレーシアのペアを苦戦しつつも破り、連勝となりました。

関連記事