ニュース

  • ニュース一覧
  • 東京五輪岐阜県勢 女子バド「フクヒロ」白星発進 男子ホッケーは黒星スタート

東京五輪岐阜県勢 女子バド「フクヒロ」白星発進 男子ホッケーは黒星スタート

 東京オリンピックで本格的に各競技が始まった24日、岐阜県ゆかりで金メダルが期待される、バドミントン女子ダブルスの福島由紀、廣田彩花のフクヒロペアはイギリスのペアと対戦し、初戦を白星で飾りました。

 男子ホッケーは黒星スタートとなりました。

 ホッケーの男子1次リーグで世界ランキング15位の日本は、世界ランキング1位のオーストラリアと対戦しました。

 日本は2点を先取された後、3点を奪って逆転しましたが、後半に踏ん張れず3失点し、3対5で敗れました。

 1次リーグは12チームが2組に分かれて総当たりで争い、各組上位4チームが準々決勝に進みます。

 フェンシングの女子エペ個人には、35歳の佐藤希望が3大会連続で出場。

 初戦は格上の韓国の選手に競り勝ったものの、3回戦でエストニアの選手に敗れました。

関連記事