ニュース

  • ニュース一覧
  • 飛騨の夏の風物詩「松倉絵馬市」 岐阜県高山市で紙絵馬づくりピーク

飛騨の夏の風物詩「松倉絵馬市」 岐阜県高山市で紙絵馬づくりピーク

飛騨の夏の風物詩「松倉絵馬市」に向け、縁起物の紙絵馬づくりが岐阜県高山市で最盛期...

 飛騨の夏の風物詩「松倉絵馬市」に向け、縁起物の紙絵馬づくりが岐阜県高山市で最盛期を迎えています。

 高山市八軒町の「池本屋」は、江戸時代から約200年紙絵馬を作っていて、池本幸司さんは6代目にあたります。

 紙絵馬は馬の顔を家の中に向けて玄関に飾ると「幸運が家に駆け込んでくる」といわれていて、池本さんは家族とともに和紙に絵の具を使って、細かい筆づかいで1枚ずつ全て手書きで書き上げます。

 松倉絵馬市は8月9日と10日に開かれる予定で、それまでに大小合わせて1000枚を仕上げる予定です。

関連記事