ニュース

  • ニュース一覧
  • 岐阜県内、厳しい暑さ続く 美濃市で36・1度 熱中症の症状で11人が病院搬送

岐阜県内、厳しい暑さ続く 美濃市で36・1度 熱中症の症状で11人が病院搬送

岐阜県内は20日も厳しい暑さが続き、美濃市で最高気温が2日続けて36度を超えるな...

 岐阜県内は20日も厳しい暑さが続き、美濃市で最高気温が2日続けて36度を超えるなど各地で猛暑日となりました。

 熱中症に十分警戒してください。

 飛騨市神岡町の最高気温は32・9度で、4日連続で真夏日が続いています。

 20日も県内は気温が上がり、最高気温は美濃市で36・1度、下呂市萩原と不破郡関ケ原町で35・7度、揖斐郡揖斐川町と大垣市で35・6度など各地で猛暑日となりました。

 県によりますと、午後4時までに熱中症と見られる症状で11人が病院に搬送され、うち6人が中等症です。

 引き続き気温が平年より高い日が続く見込みで、外出はなるべく避けてこまめに水分補給するほか、適切に冷房を使用するなどして熱中症に警戒してください。

関連記事