ニュース

  • ニュース一覧
  • 使い終えたランドセルを東南アジアの子どもたちへ 岐阜県大垣ライオンズクラブ「空飛ぶランドセル」に託す

使い終えたランドセルを東南アジアの子どもたちへ 岐阜県大垣ライオンズクラブ「空飛ぶランドセル」に託す

使い終えたランドセルを東南アジアの子どもたちに使ってもらおうと、岐阜県大垣市の中...

 使い終えたランドセルを東南アジアの子どもたちに使ってもらおうと、岐阜県大垣市の中学生が、ランドセル約230個を大垣ライオンズクラブに託しました。 

 大垣ライオンズクラブは2018年度から「空飛ぶランドセル」と名付けた取り組みで、市内の中学校から使わなくなったランドセルを募って東南アジアへ届けています。

 大垣市の星和中学校では2020年もランドセルを集めましたが、新型コロナウイルスの影響で現地に送ることができず、ことし、2年分のランドセルをライオンズクラブに託しました。

 贈呈式は全校生徒にオンラインで中継され、生徒代表が約230個のランドセルを大垣ライオンズクラブに託しました。

※3年 松原愛華さん
 「私たちの6年間の思い出がつまったランドセルを、今度は贈った先の子どもたちが笑顔で、大切に使ってくれるとうれしいです」

 ランドセルは2022年2月に、大垣ライオンズクラブが現地へ届ける予定です。

 ※画像を一部加工しました

関連記事