ニュース

  • ニュース一覧
  • 全国高校軟式野球岐阜大会が開幕 全国大会出場をかけ2枠の東海切符争う

全国高校軟式野球岐阜大会が開幕 全国大会出場をかけ2枠の東海切符争う

第66回全国高校軟式野球選手権岐阜大会は17日、中津川夜明け前球場で開幕しました...

 第66回全国高校軟式野球選手権岐阜大会は17日、中津川夜明け前球場で開幕しました。

 10校が参加し、全国大会出場をかけた2枠の東海切符を争います。

 開会式は実施せず、開幕試合の多治見西対岐阜聖徳の試合前に開始式を行い、多治見西の安田涼キャプテンが選手宣誓を務めました。

 17日は1回戦2試合が行われ、岐阜聖徳が6対2で多治見西を下し、恵那は5対1で多治見工業に勝って2回戦に駒を進めました。

 18日は中京対岐阜聖徳、多治見北対恵那の2回戦2試合が中津川夜明け前で行われます。

 A・Bゾーンの代表決定戦は22日の予定で、東海大会は8月3日から小牧市民球場などで行われます。

関連記事