ニュース

  • ニュース一覧
  • ハイパーカミオカンデをラッピングトラックで全国にPR 岐阜県飛騨市

ハイパーカミオカンデをラッピングトラックで全国にPR 岐阜県飛騨市

岐阜県飛騨市神岡町で建設が始まった素粒子「ニュートリノ」を観測する装置「ハイパー...

 岐阜県飛騨市神岡町で建設が始まった素粒子「ニュートリノ」を観測する装置「ハイパーカミオカンデ」をPRするラッピングトラックが完成し、出発式が行われました。

 建設を後押しする地元の組織「ハイパーカミオカンデ計画推進期成同盟会」が町内の運送会社の協力を得て、会社が所有する25トントラックの側面にハイパーカミオカンデのイラストをあしらい、「神岡の地下から宇宙の謎に挑む」と神岡町をPRしています。

 出発式で都竹淳也市長は「全国の方々にこの計画を知っていただきたい」と。

 東京大学宇宙線研究所の塩沢眞人教授は「工事は順調に進んでいる。技術的な課題も一つ一つ解決したい」と述べ、さらなる支援と協力を求めていました。

 このラッピングトラックは今後1年間、青森県や広島県への路線を中心に全国を駆け巡ります。

関連記事