ニュース

  • ニュース一覧
  • 観光拠点「せきてらす」から始まる関めぐり 夏の暑さに負けないパワーチャージスポット 岐阜県関市

観光拠点「せきてらす」から始まる関めぐり 夏の暑さに負けないパワーチャージスポット 岐阜県関市

岐阜県関市にことし3月にオープンした新たな観光拠点「せきてらす」は、地場産業であ...

 岐阜県関市にことし3月にオープンした新たな観光拠点「せきてらす」は、地場産業である刃物の直売所と観光案内所が融合した施設です。

 「岐阜県刃物会館」には、包丁がずらりと並び、観光案内所では市内の企業が手掛ける雑貨に加えて地元の関牛乳を使ったお菓子など、ご当地の土産品も並びます。

 観光案内所の役割を果たす「せきのまどぐち」というエリアには、関市観光協会のスタッフがいて、お勧めの旬なスポットなどを教えてもらうことができます。

 今回は観光協会お勧めの「夏の暑さに負けないパワーチャージスポット」3選をご紹介します。

あの人気アニメそっくり?二つに斬られた岩

 「せきてらす」から東に歩くこと約10分。

 見えてきたのは、割れ目が入った大きな岩。

 まるで『鬼滅の刃』の主人公が斬ったようなフォルムのこの岩は、関市大門町の白山神社にある「天狗岩」です。

 地元でスーパーを営む藤井市三さんは「『鬼滅の刃』が大人気で、だんだん有名になってきた。主題歌を歌うLiSAは関市出身。彼女のようにこの岩も人気になれば」と語ってくれました。

滝の下に〇〇!?SNS映え間違いなしの滝

 「天狗岩」から車で約40分、北へ。

 駐車場から遊歩道を10分ほど歩いて、たどり着いた目的地の滝の下に現れたのは、なんと鳥居。

 関市洞戸にある「岩門の滝」は、巨大な岩の門の隣にある落差20㍍の滝で、鎌倉時代の後期より高賀山に集まる修験者による滝行が盛んに行われていたそうです。

 ひんやりとした雰囲気はどこか厳かで、多くの人をひきつけてきました。

異名は「美濃清水」 県内最古の寺

 最後の目的地を目指し、車で東へ40分。

 訪れたのは関市下之保にある「日龍峯寺」です。

 「日龍峯寺(高澤観音)」は本堂前方が舞台造りで、京都の清水寺に似ていることから「美濃清水」とも呼ばれている、岐阜県内最古のお寺です。

 国の重要文化財に指定されている多宝塔などもあります。

 「両面宿儺(すくな)」伝承の寺でもあり、両面宿儺の御開帳は年に一度、「11月の第3日曜日のみ」となっています。

 関市を巡りたいと思ったら、まずは「せきてらす」に行って、ヒントをもらってみてはいかがでしょうか。

関連記事