ニュース

  • ニュース一覧
  • 岐阜県内、15日にかけて雷伴う非常に激しい雨の恐れ 土砂災害に厳重警戒

岐阜県内、15日にかけて雷伴う非常に激しい雨の恐れ 土砂災害に厳重警戒

岐阜県内は14日、各地で激しい雨が降りました。 15日にかけても雷を伴う非常に激...

 岐阜県内は14日、各地で激しい雨が降りました。

 15日にかけても雷を伴う非常に激しい雨が降って大雨になるところがある見込みで、土砂災害に厳重な警戒が必要です。

  岐阜県内は大気の状態が非常に不安定となっていて各地で激しい雨が降りました。

  美濃加茂市では午後6時すぎまでの1時間に84・5㍉の猛烈な雨、加茂郡八百津町伽藍では午後4時半までの1時間に70・5㍉の非常に激しい雨が降りました。

 瑞浪市と恵那市には一時、土砂災害警戒情報が出され、瑞浪市は市内全域に避難指示を出しました。

 この雨で瑞浪市釜戸の中央自動車道に土砂が流れこみ、上り線が瑞浪インターチェンジから恵那インターチェンジ間で午後10時現在、通行止めとなっています。

 気象台によりますと、15日予想される1時間に降る雨の量は多いところで40㍉、また、15日午後6時までの24時間に予想される雨の量は多いところで100㍉となっています。

 気象台は土砂災害に厳重に警戒し、低い土地の浸水、河川の増水に警戒し、竜巻などの激しい突風や落雷などへの注意を呼び掛けています。

関連記事