ニュース

  • ニュース一覧
  • 「フードバンク」推進 大垣共立銀行が岐阜県大垣市の団体と連携協定

「フードバンク」推進 大垣共立銀行が岐阜県大垣市の団体と連携協定

家庭で余っている食料品を必要としている人や施設などに無償で提供する取り組み「フー...

 家庭で余っている食料品を必要としている人や施設などに無償で提供する取り組み「フードバンク」を推進するため大垣共立銀行は13日、岐阜県大垣市の団体と連携協定を結びました。

 締結式では大垣共立銀行の土屋諭常務とフードバンクぎふの赤星守雄代表が協定に署名しました。

 大垣共立銀行は営業店など県内3カ所に設ける食品回収所で集まった食べ物やグループ社員へ呼びかけて募った食料品を、定期的にフードバンクぎふへ送り、コロナ禍の影響などで必要とする施設や団体などに届けてもらいます。

 13日はグループ内から集まったレトルト食品や缶詰、お菓子など約2400点を贈呈。

 土屋常務は「コロナ禍で食べ物に困っている人も増えていると聞く。一緒に取り組んでいきたい」と話し、赤星代表は「あたたかい援助を有効に活用したい」とお礼を述べました。

 フードバンクぎふの活動に賛同し、サポーターとなった行員ら406人分の会費44万円余りの目録も手渡されました。

関連記事