ニュース

  • ニュース一覧
  • 岐阜県内、引き続き大雨のおそれ 1時間で30ミリの激しい雨も

岐阜県内、引き続き大雨のおそれ 1時間で30ミリの激しい雨も

停滞する梅雨前線の影響で、岐阜県は引き続き大気の状態が不安定となり、6日にかけて...

 停滞する梅雨前線の影響で、岐阜県は引き続き大気の状態が不安定となり、6日にかけて大雨になるところがある見込みです。

 前線の活動状況によって土砂災害の危険度が急激に高まるおそれがあり、注意・警戒が必要です。

 6月30日の降り始めから5日午後5時までに降った雨の量は、郡上市ひるがので265・5㍉、高山市六厩で169・5㍉、高山市久々野で151㍉などとなっています。

 梅雨前線が停滞する影響で、県内は6日にかけて大雨となるところがある見込みです。

 6日は美濃地方、飛騨地方ともにいずれも多いところで1時間に30㍉の激しい雨が降る見込みです。

 また、6日午後6時までの24時間に降る雨の量は美濃地方、飛騨地方ともに多いところで80㍉と予想され、さらにその24時間後の7日午後6時までに降る雨の量は美濃地方、飛騨地方ともに多いところで50㍉から100㍉と予想されています。

 これまでの雨で地盤が緩んでいるところがあり、気象台は土砂災害や低い土地の浸水、それに川の増水に注意・警戒するとともに、落雷や突風などにも注意するよう呼びかけています。

関連記事