ニュース

  • ニュース一覧
  • 【2日・市町別詳報】岐阜県で7人感染確認 デルタ株とみられるクラスター、県内で初確認

【2日・市町別詳報】岐阜県で7人感染確認 デルタ株とみられるクラスター、県内で初確認

 岐阜県と岐阜市は2日、新たに7人の新型コロナウイルスの感染が確認されたと発表しました。

 またインドで感染が広がったデルタ株とみられる変異株のクラスター(感染者集団)が、県内で初めて発生しました。

 岐阜市の職場ではこれまでに7人の感染が判明し新たなクラスターに認定されました。

 このクラスターの感染者のうち、県内に住む男性2人が県の検査で、デルタ株が疑われるL452Rの変異が確認され、現在、国が詳しく調べています。

 デルタ株とみられるクラスターが確認されたのは、県内で初めてです。

 県によりますと、この2人に海外渡航歴はなく、市中での感染が疑われるということです。

 感染者7人の内訳は、岐阜市が2人、大垣市・多治見市・安八町・神戸町・大野町が1人ずつです。

 隣県の新規感染者数は、愛知県が44人、三重県が6人です。

関連記事