ニュース

  • ニュース一覧
  • ニセ電話詐欺被害防ぐ 岐阜県下呂市防犯協会、市内金融機関に警察官の等身大パネル

ニセ電話詐欺被害防ぐ 岐阜県下呂市防犯協会、市内金融機関に警察官の等身大パネル

多発するニセ電話詐欺の被害を防ごうと、岐阜県下呂市防犯協会は市内の金融機関へ、A...

 多発するニセ電話詐欺の被害を防ごうと、岐阜県下呂市防犯協会は市内の金融機関へ、ATMの利用客に音声で注意を呼びかける警察官のパネルを贈りました。

 下呂市萩原町の萩原郵便局では、市防犯協会長の山内登市長から郵便局の二村匠営業部長に、警察官の等身大パネルと、『電話で「お金」は、すべて詐欺!』などと記された床マットが渡され、郵便局は早速、ATMのコーナーに設置しました。

 このパネルには、センサーで音声が流れる装置が取り付けてあります。

※パネルの音声
 「還付金は、ATMで受け取れません。還付金があると言われてだまされる被害が多発しています。少し落ち着いて、家族や下呂警察署に相談してください」

 ことしの県内のニセ電話詐欺被害は5月末までに109件発生して、被害額は約1億5000万円にのぼり、前の年の同じ時期と比べて倍増しています。

関連記事