ニュース

  • ニュース一覧
  • 女子ソフトボール「JDリーグ」来年発足 大垣ミナモも参戦 16チームが年間王者目指す

女子ソフトボール「JDリーグ」来年発足 大垣ミナモも参戦 16チームが年間王者目指す

 日本女子ソフトボールリーグは28日、来年発足する新たなリーグの名称を「JDリーグ」とし、16チームが参加すると発表しました。

 岐阜県の大垣ミナモも参戦します。

 来シーズン発足するのは「JDリーグ(=ジャパン・ダイヤモンド・リーグ)」です。

 16チームが参加し東地区と西地区に分かれて戦い、年間王者を目指すもので、大垣ミナモは東地区に所属します。

 オンラインで会見した島田利正チェアマンは「『ソフトボールで社会に笑顔を』の理念でわくわく感を創出したい」と意気込みを語りました。

 新リーグへの参戦について大垣ミナモの望月孝雄監督は「東地区は激戦地区。楽しみでありやりがいを感じる」と、須藤麻里子主将は「皆さまに笑顔と感動を届けられるよう精進する」とコメントしています。

関連記事