ニュース

  • ニュース一覧
  • 岐阜放送6月番組審議会 「最初で最後のファントム」に意見交わす

岐阜放送6月番組審議会 「最初で最後のファントム」に意見交わす

岐阜放送の番組審議会が23日開かれ、5月に放送されたテレビの番組を視聴して意見が...

 岐阜放送の番組審議会が23日開かれ、5月に放送されたテレビの番組を視聴して意見が交わされました。

 岐阜放送本社で行われた番組審議会には5人の委員が出席し、5月に放送されたテレビ番組「最初で最後のファントム~岐阜の空 半世紀支えた人たち~」について意見を交わしました。

 番組では半世紀前から航空自衛隊で活躍した戦闘機「ファントム」のうち、日本で最初に導入された岐阜基地の1号機に、2021年3月のラストフライトまで関わった人たちの思いを紹介しました。

 委員からは「操縦士や整備士の思い入れが伝わってきた」「記者と自衛官との信頼性が感じられた」といった声のほか、「この戦闘機がなぜ50年も使用されてきたのか。そうした部分も伝えられたらもっと良かった」との指摘もありました。

関連記事