ニュース

  • ニュース一覧
  • 新型コロナ関連で168億円の補正予算案 岐阜県議会定例会が開会

新型コロナ関連で168億円の補正予算案 岐阜県議会定例会が開会

岐阜県議会の定例会が22日開会し、新型コロナ対策関連で168億円の2021年度一...

 岐阜県議会の定例会が22日開会し、新型コロナ対策関連で168億円の2021年度一般会計補正予算案が提出されました。

 定例会で古田肇知事は「今回の補正予算案は全額コロナ関連予算であり、ワクチン接種体制の強化や事業者の経済支援など県民の命を守り、暮らしを守るための施策を実施する」と提案理由を説明しました。

 補正予算案には、まん延防止等重点措置などによる飲食店の時短営業や、外出自粛により売り上げが減少したものの、国の支援制度の対象外となる事業者への県独自の支援金制度が盛り込まれました。

 定例会の会期は7月8日までで、議員による質疑・一般質問は6月30日から行われます。

関連記事