ニュース

  • ニュース一覧
  • 東京五輪ボクシング 岐阜県多治見市出身の田中亮明選手、知事に代表内定報告

東京五輪ボクシング 岐阜県多治見市出身の田中亮明選手、知事に代表内定報告

東京オリンピックのボクシング競技で日本代表に内定した岐阜県多治見市出身の田中亮明...

 東京オリンピックのボクシング競技で日本代表に内定した岐阜県多治見市出身の田中亮明選手が22日、岐阜県庁を訪れ、古田肇知事に代表内定を報告しました。

 県庁では田中亮明選手や田中選手の父、それに田中選手が教員として働く瑞浪市の中京高校の校長らが古田知事と面談しました。

 田中選手は多治見市出身の27歳。

 東京オリンピックのボクシング、男子フライ級で日本代表に選ばれ、自身初のオリンピックに挑みます。

 面談で田中選手は「準備はしっかりしてきたので、あと1カ月気を抜かずにやっていきたい」と話し仕上がりに自信をみせました。

 古田知事は「岐阜の代表であり、東京でやるというのはまたとないチャンス。大いに期待しています」と激励しました。

※ボクシング東京五輪内定 田中亮明選手
 「この大会が最後になると思ってやっているので、いいパフォーマンスができるよう体をつくってきた。ただのオリンピック選手で終わるつもりはないので、もちろん金メダルを取りたい。どれだけ自分が楽しんで皆さんに面白い試合を見せられるかだと思っているので、それが結果につながってくるのではないかと思う」

 田中選手は7月26日に初戦を迎える予定です。

関連記事