ニュース

  • ニュース一覧
  • 釣り鐘のような珍しい葉「フクロホウバ」今年も確認 岐阜県高山市

釣り鐘のような珍しい葉「フクロホウバ」今年も確認 岐阜県高山市

釣り鐘のような珍しい葉「フクロホウバ」が、今年も岐阜県高山市清見町で見つかりまし...

 釣り鐘のような珍しい葉「フクロホウバ」が、今年も岐阜県高山市清見町で見つかりました。

 「フクロホウバ」はホオノキの葉の奇形種で、葉が小さく丸まった形になることからその名が付けられています。

 高山市清見町池本のフクロホウバは県の天然記念物に指定されていて、17日には4枚確認出来ました。

 また、近くにある西正寺の境内には、この木から接木されたホオノキがあり、こちらでは20枚ほど確認できました。

 高山市清見支所の水尻恵さんは「今年は多くのフクロホウバが見られます。ぜひ数えてみて」と話しています。

関連記事