ニュース

  • ニュース一覧
  • 大雨もたらす「線状降水帯」発生知らせる気象情報 気象庁が運用開始

大雨もたらす「線状降水帯」発生知らせる気象情報 気象庁が運用開始

次々と発生した雨雲が線状に伸びて大雨をもたらす「線状降水帯」。 2020年7月、...

 次々と発生した雨雲が線状に伸びて大雨をもたらす「線状降水帯」。

 2020年7月、九州で甚大な被害が出て、認知度が急速に高まりました。

 気象庁は17日から、この危険な「線状降水帯」の発生を知らせる新たな気象情報を出します。

 線状降水帯は次々と発生する積乱雲が列をなし、長時間にわたってほぼ同じ場所を通過もしくは停滞して大雨をもたらします。

 17日から発表が始まった「顕著な大雨に関する気象情報」は、「線状降水帯」というキーワードを使って、危険度が高まっている状況を伝える情報です。

※岐阜地方気象台 松川基観測予報管理官
 「この情報は大雨による災害の発生の危険が高まっている状況、また線状の降水帯により激しい雨が、同じ場所で降り続いている状況の時に発表いたします。非常に強い降水域を伴いますので、短時間で激しい雨、場合によっては急に激しい雨が降る状況になりますので、急激に状況が悪化する場合もあります」

 線状降水帯の予測は非常に難しく、この情報が発表されるのは発生が確認された時です。

 発表された時には、土砂災害や河川の氾濫のおそれが急激に高まっていると認識し、危険な時には避難が必要です。

※岐阜地方気象台 松川基観測予報管理官
 「すぐに行動できない、避難に間に合わなくなることもあります。警報・注意報、キキクル、避難情報を使って早め早めの行動を心がけていただきたいと思います」

関連記事