ニュース

  • ニュース一覧
  • 地産地消の大切さ学ぶ 岐阜市の小学校 トウモロコシの収穫体験

地産地消の大切さ学ぶ 岐阜市の小学校 トウモロコシの収穫体験

地元の野菜について理解を深めてもらおうと岐阜市で14日、小学生がトウモロコシの収...

 地元の野菜について理解を深めてもらおうと岐阜市で14日、小学生がトウモロコシの収穫を体験しました。

 収穫を体験したのは、岐阜市正木にあるトウモロコシ・ゴールドラッシュの畑です。

 実は柔らかく甘みが強いのが特徴です。

 地産地消の大切さを知ってもらおうという授業で、則武小学校の6年生が参加しました。

 このうち、給食委員の児童12人が、自分たちの背丈よりも高く育った畑に入り、生産者の栗本斛朗さんから収穫の仕方を教わり、丁寧に実をもぎ取っていきました。

 2021年は春先に長雨が続いた影響で、やや小ぶりの出来だということです。

※収穫した児童
 「簡単にトウモロコシが取れるのがびっくりし、給食で出るのが楽しみです」

※収穫した児童
 「すぐパッと取れて楽しかったです」

※収穫した児童
 「自分の地域のものが(給食で)出るので楽しみです」

 ほかの児童はオンラインで収穫の様子を見学しました。

 収穫したトウモロコシは、早速、給食でゆでて児童が味わいました。

(※画像を一部加工しました)

関連記事