ニュース

  • ニュース一覧
  • 熱中症で8人救急搬送 岐阜県内3日連続の真夏日

熱中症で8人救急搬送 岐阜県内3日連続の真夏日

 9日の岐阜県内は、日本海に中心を持つ高気圧に覆われよく晴れて、陽射しが照りつけ、8日並みに気温も上がり、各地で3日連続の真夏日となりました。

 9日の日中の最高気温は、多治見で33度、揖斐川で32・9度、岐阜、大垣で32・3度、美濃加茂で32・2度など3日連続の真夏日となりました。

 郡上市白鳥町長滝でも、ことし最高の30・1度の真夏日を記録しました。

 この暑さで、熱中症の症状を訴えた8人が救急搬送されました。

 このうち6人が中等症で、内訳は90代の男女2人を含む70代以上が4人、10代の男性2人となっています。

 9日の岐阜の不快指数は約65%の人が不快と感じる77でした。

 岐阜地方気象台によりますと、10日も高気圧に覆われ、朝晩雲は出るものの日中は晴れ、最高気温は岐阜、高山ともに30度が予想されています。

 引き続き美濃地方には乾燥注意報が出されています。

関連記事