ニュース

  • ニュース一覧
  • 山林火災を想定 岐阜県防災航空隊と高山市消防、警察が合同訓練

山林火災を想定 岐阜県防災航空隊と高山市消防、警察が合同訓練

山林火災を想定して、岐阜県と高山市が防災ヘリも使った合同訓練を行いました。 合同...

 山林火災を想定して、岐阜県と高山市が防災ヘリも使った合同訓練を行いました。

 合同訓練には県防災航空隊と高山市消防、それに地元の消防団や警察などあわせて約80人が参加しました。

 高山市荘川町牧戸の山林で火災が発生したとの想定で行われ、地上隊は現場から約300㍍離れた用水路から、消防ポンプ車3台とホースを使って水を引いて放水する訓練で、連携を確認しました。

 また、防災ヘリは地上の消火隊と連携し、散水装置に入った水を地上隊が届かない場所に、空からかける作業を繰り返しました。

※高山消防署 玉舎久幸署長
 「まだまた空気が乾燥する時期。山へ山菜取りなどで入られる際は 火の取り扱いに注意してください」

関連記事