ニュース

  • ニュース一覧
  • 笠松競馬の騎手に15日間騎乗停止処分 競馬関係者主催のSNS懸賞に応募、現金10万円受け取る

笠松競馬の騎手に15日間騎乗停止処分 競馬関係者主催のSNS懸賞に応募、現金10万円受け取る

岐阜県地方競馬組合は25日、競馬関係者がSNSで実施した懸賞に応募して現金を受け...

 岐阜県地方競馬組合は25日、競馬関係者がSNSで実施した懸賞に応募して現金を受け取った笠松競馬の騎手を、15日間の騎乗停止処分にしました。

 組合によりますと、24歳の男性騎手は2021年3月に、ほかの競馬場の元騎手がSNSで主催した懸賞に応募、当選して現金10万円を受け取り、競馬の公正を害する恐れのある者からの金品の贈与などを禁じた組合の条例に違反しました。

 また管理責任を問い、騎手が所属するきゅう舎の47歳の調教師を戒告などの処分にしました。

 組合ではSNSなどの取り扱いや交友関係の在り方に関する研修を実施して意識改革を図り、さらに、専門業者によるインターネット上の監視を強化して、再発防止に努めるということです。

 笠松競馬は、ほかの騎手らによる馬券不正購入問題に伴いレースを休止しており、7月の再開を目指しています。

 会見した大城戸克之運営監察監は「笠松競馬の信頼回復に向けて再スタートを切ったばかり。ファンに申し訳ない」と陳謝しました。

関連記事