ニュース

  • ニュース一覧
  • 岐阜市が自前で排水ポンプ車導入 豪雨災害に備え、リスクの軽減図る

岐阜市が自前で排水ポンプ車導入 豪雨災害に備え、リスクの軽減図る

岐阜市は豪雨災害に備えて、排水ポンプ車を導入しました。 自前の排水ポンプ車を配備...

 岐阜市は豪雨災害に備えて、排水ポンプ車を導入しました。

 自前の排水ポンプ車を配備する市町村は岐阜県内で初めてです。

 岐阜市が導入した排水ポンプ車は、小学校にある25メートルプール満杯の水を、約10分で排水できる高性能な車です。

 大雨で浸水が起きた際には現場にいち早く駆けつけ、浸水した地域から水を吸い上げて川や水路に排水する他、水かさが増している支流から近くの本流への排水も行い、災害リスクの軽減を図ります。

 岐阜市には現在、国と県の排水ポンプ車が合わせて4台配備されていますが、近年、災害が激甚化していることから、岐阜市は約6700万円かけて導入しました。

※柴橋正直岐阜市長
 「同時多発的な時に国交省の車両では補えない部分をカバーするということなので、それだけ防災力が高まっている」

関連記事