ニュース

  • ニュース一覧
  • ホウレンソウを練りこんだ米粉パスタ 岐阜県関市の農業生産法人、捨てていた下葉を有効活用

ホウレンソウを練りこんだ米粉パスタ 岐阜県関市の農業生産法人、捨てていた下葉を有効活用

商品として出荷できず、これまで捨てられていたホウレンソウを練り込んだ米粉のパスタ...

 商品として出荷できず、これまで捨てられていたホウレンソウを練り込んだ米粉のパスタを岐阜県関市の農業生産法人が製造し、19日から販売されます。

 関市の農業生産法人「PLUS(プラス)」が製造したのは、ホウレンソウを練り込んだ長さ1センチ程度の米粉パスタです。

 岐阜県産のハツシモの米粉を使っていて、アレルギーの心配がないといい、栄養価の高い離乳食として販売します。

 ホウレンソウは、地元の農家で栽培されたものの、市場の規格に合わずこれまで捨てていた下葉を使います。

 農家を紹介したJAめぐみのの武藤一豊センター長は「地元企業との架け橋になれて嬉しい」と、製品の完成を祝いました。

※三輪忠士代表取締役
 「年々コメの消費量が減っていっている。持続可能な農業ということで、耕作放棄地を作らないことにつながると思う」

 米粉パスタは1袋345円で、JAめぐみのの直売店のほか、オンラインショップなどでも販売されます。

関連記事